診療室_edited.jpg

設備ご紹介

当院の設備

当院では、患者さまの負担や安全面に考慮し、​痛みや不快感の少ない治療を目指しております。そのため、新しい設備や技術を積極的に導入しております。また、歯を削った時に舞い散る粉塵を吸い取る口腔外バキュームを設置するなど、診療室内の空気の衛生面にも気をつけています。歯科医院特有の機械音にも配慮し、緊張感を和らげ、リラックスしていただけるBGMや間接照明などで穏やかな環境づくりを行なっております。

生体情報モニター

equipment07.jpeg

人のバイタルサインをモニタリングする装置です。インプラント手術などの際に心電図・心拍数、血圧、体温といったバイタルサインをモニタリング(継続的に測定・記録)します。治療中の患者さまの生体情報を把握することで、全身状態を正確、迅速にとらえ、より安全に治療を行います。患者さまの状態が異常になったときにはアラーム音で知らせてくれます。

炭酸ガスレーザー

fig03.jpeg

歯周病や口内炎をはじめとする軟組織の疾患に対する手術や処置に使用します。レーザー光線を照射する部位は麻酔が少量ですみ、術後の疼痛も少なく、炎症部や傷部の治癒が促進されます。止血効果もあり、縫合などの手技が不要となります。

また、当院では歯ぐきの黒ずみの改善にも使用します。

メラニン色素の沈着や喫煙などにより黒ずんでしまった歯肉の表面にレーザーを照射し、健康的なピンク色の歯肉に改善することができます。

口腔外バキューム

アルテオ吸引静止画(タービン).jpg

歯を削る治療を行うと粉塵が発生し、それらの粉塵は院内を漂い感染を招くリスクがあります。そのため当院では、口腔内に入れる通常のバキュームに加え、口腔外でもバキュームを使用し、治療中に発生する粉塵や飛沫物の拡散を可能な限り抑制しております。当院のバキュームは0.3μm よりも小さい粉塵についても捕集できるため、エアロゾルはもちろん、院内の空気をクリーンな状態に整えます。

マイクロスコープ

micro_scope.jpeg

歯科治療は、口腔内で小さなむし歯を削ったり、歯茎を切ったり縫ったりするなどミリ単位以下の細かな作業の連続であり、そのような部位を見るには肉眼では限界があります。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は、約3倍から30倍の拡大が可能で、強い光をピンポイントで当てながら見ることができるので、今まであまり見えずに経験や感覚を頼りに行われてきた治療を的確にします。

特に、歯の根の治療をする際に『見える』ということはとても大切で治療の成功率を高めます。

​CT

fig04.jpeg

CT画像は、従来のパノラマレントゲンが2次元で平面的あるのに対して、3次元(3D)で立体的に画像をとらえることができます。これにより、2次元では捉えることができなかった細かな部分を正確に診断することが可能となります。3D画像により、経験と勘に頼ってきた部分の診断に客観性を加えて炎症の原因や、神経の位置などの特定ができるため、安全で効率的な治療を行えます。

インプラント治療や親知らずの抜歯、歯根の破折などの炎症の原因の特定、正確な検査を院内で行います。

位相差顕微鏡

nadashikaclinic_顕微鏡.JPG

位相差顕微鏡とは、口腔内の細菌を生きたまま拡大観察できる光学顕微鏡のことです。

むし歯や歯周病の原因となる細菌は、ほとんどの方の口腔内に存在しています。患者さまの口腔内から歯垢を採取し、実際に動く細菌を観察していただくことができます。「歯周病になりやすいかどうか」「今はどういう状態なのか」「これからどういう状態になっていくのか」がわかります。