外観

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)とは?

当院は、「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」(か強診)に認定されています。

平成28年4月より始まった「か強診」は、施設や設備などの厳格な基準を満たすことで厚生労働省から認可されるというものです。

「歯を削り、詰める治療」が中心の、これまでの歯科医療のあり方を改めて、「むし歯や歯周病を防ぐ、進行させないための、継続したメンテナンス」のできる歯科医院として、厚生労働省から認定されます。

患者さまの全身状態の管理、緊急時の対応や院内感染防止などに取り組むことに加え、患者さまに安全に治療を受けていただくために必要な講習を定期的に受講し、他医療機関との連携を行い、AED・パルスオキシメータ―・酸素吸入器・口腔外吸引器・生体モニター・蘇生バッグや緊急薬品等、緊急時に必要な設備、安全な治療環境を提供するための設備を揃えています。

安全な治療環境を提供するための装置・設備

AED

​パルスオキシメーター

​酸素吸引器

口腔外吸引機

生体情報モニター

蘇生バッグ・緊急薬品等

また、上記のような厚生労働省が定めた最低限の設備以外に「位相差顕微鏡」という機器も使用しています。

「位相差顕微鏡」でお口の中の細菌を顕微鏡で見ることにより病原菌の種類を確認できます。適切な薬剤を使用することが可能となり、より適確な治療を行うことができます。そして患者さまにも実際に口腔内細菌を見て頂いてご説明を行なっております。的確な「診断」をするための機器を治療計画前に使用しています。

『か強診』における​むし歯予防管理・歯周病管理

「か強診」の認定には、お子様のむし歯予防処置、歯周病の定期的管理など届出に必要な条件である厚生労働省が定めた症例数以上の実績が必要です。その実績に基づいて、より細かなむし歯予防管理、歯周病管理を行なっています。

 当院は「か強診」届出医療機関であるため、歯周病の基本治療終了後から「安定期治療(SPT)」として毎月定額(残っている歯の数によって金額が変わります)で歯石除去・検査・歯面清掃などの歯周病メインテナンスを保険内で受けていただくことができます。(※歯周病外科手術やその他の治療・管理・指導には別途料金がかかります。)

 

生活習慣や日々の食生活、体調などにより口腔内は毎日変化します。歯科衛生士のプロの処置に加えて数値や画像での管理も行っていますのでより細かな変化に対応することができます。美容院やマッサージに通うような感覚でお気軽にご利用ください。

 

歯周病に関して専門的管理をご希望の患者さまは当院スタッフまでお問い合わせください。

専門分野の医療機関と連携します

歯科治療を行う上で問題となる基礎疾患がある患者さまや、

重度の全身疾患を有するため、局所麻酔や抜歯などの

観血的処置時に全身管理が必要と思われる方には、

必要に応じて連携する専門分野の医療機関へのご紹介が可能です。

日本赤十字社.png
加古川中央市民病院.png
神戸大学医学部附属病院.png
神戸市立医療センター
大阪大学歯学部附属病院