スクリーンショット 2021-07-28 15.11_edited.jpg

ホワイトニング

白い歯で美しい口元に

ホワイトニングは、専用の薬剤を歯の表面に塗布し、エナメル質内に入り込んだ着色物質を分解することで、歯本来の色をより白く明るくする方法です。

ホワイトニングには、ご自宅でできるホームホワイトニングと、当院で処置するオフィスホワイトニングがあります。​患者さまのライフスタイルに合わせてお選びいただけますが、併用するとより効果的です。​​

201202.jpg

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

当院のスタッフが院内で処置します。中濃度の薬剤を歯の表面に塗布し歯を白くする方法です。歯科医院内で行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングといいます。患者さまがご自身で行うホームホワイトニングよりも効果的にホワイトニングを行えます。​ホームホワイトニングよりも強い薬剤を用い、専用機器の光で照らす処置ができます。

即効性があり、1本からでも治療可能で、一度の来院である程度の白さを得られます。短期間でホワイトニングを完了したい方におすすめです。

Tooth%20filling%20ultraviolet%20lamp_edi

ホームホワイトニング

専用トレー(薬品を入れるための装着具)をお作りし、ご自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着することで、歯を白くしていく方法です。

患者さまがご自身で好きな時に行うことができるのが最大のメリットです。

また、オフィスホワイトニングと比較すると安価で、手軽にはじめやすく、低濃度の薬剤で歯の内部までじっくり白くするため、白さが長持ちするという特徴もあります。​

多くの方が​ご自宅でお過ごしの際に行っています。使い方は簡単で専用のマウスピースにホワイトニング薬剤を流し込み、そのマウスピースを30分から1時間程度装着するだけです。​

これを繰り返し行うことで白い歯を手に入れることができます。

好きな時間に自分のペースで行うことができ、比較的白さが長持ちします。

home whitening or bleaching gel tray opa

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うホワイトニングです。各ホワイトニングを単体で行うよりも短期間での白さアップが期待でき、効果も長持ちしやすいのが特徴です。

オフィス

ホワイトニング

ホーム

ホワイトニング

ウォーキングブリーチ

歯の神経を取ったり、歯をぶつけたりすると、歯の色が変色して黒くなることがあります。ウォーキングブリーチは、黒く変色した歯の内側に白くする薬剤を入れて漂白するホワイトニング方法です。

歯の根の治療をしたときに開けた、歯の裏側の小さな穴の内部にホワイトニング薬剤を入れて内部からホワイトニングを行います。約1週間ごとに内部のホワイトニング薬剤を交換して色調の改善を行ないます。神経を取った歯への着色は歯の内部に深く沈着しているため、十分な効果を得るまで何回かホワイトニングを繰り返す必要があります。

bleach005_edited.png

ホワイトニング後の留意点

ホワイトニングすると、歯の表面にあるペリクルという薄い膜がはがれ、エナメル質がむき出しになり、着色しやすい状態になります。ペリクルは再生するまでに、約12~24時間程度かかるため、このエナメル質が出ている間には食事制限が必要です。

 ホワイトニング後のお食事 

スクリーンショット 2021-06-12 16.35.55.png

■ホワイトニング直後は避けたい飲食物

・ポリフェノールを多く含む食品(赤ワイン、黒豆、ぶどう、ココア、チョコレート)
・お茶、飲料類(コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラ、オレンジジュース、日本茶)
・色の濃い食品(カレー、しょうゆ、ケチャップ、ソース、ほうれん草、カボチャ、オレンジ・ベリー類など色の濃い果物)
・着色料を使用した食品

■ホワイトニングをした後におすすめなもの

白い食べ物や色の薄い食べ物をおすすめしています。
・牛乳、白味噌汁、水、白ワイン
・ご飯、パン、カルボナーラなどホワイトクリーム
・白菜、白身魚、うどん、しらす、大根など

白い歯を持続させるために 

ホワイトニングの効果は永久ではありません。白さを持続させるにはリピートが必要です。

漂白を行うことで、歯の中の着色物は分解されますが、日常生活の中で再び着色が起こりますので、定期的なチェックとクリーニングを6か月~1年に一度位の割合で受けていただくことをおすすめします。

また、再着色の度合いは、歯質や食生活によってかなりの個人差が出てきますので、患者さまご自身で「色が付いてきたな」と感じられた時が再度ホワイトニングをするタイミングです。

回数を重ねることで更に白さが増し、長持ちする傾向があります。

インビザラインの特徴.png